スポンサードリンク

キーボードを見ないで練習する

タッチタイピング(ブラインドタッチ)とは、手元を見ないでキーを打つことでしたよね。

タッチタイピング(ブラインドタッチ)をマスターするためには、練習の時からキーボードを見ずに行うことが大切です。わかっているようで、はじめはなかなかできず、つい手元のキーボードを見てしまいがちです。

慣れないうちはたくさんタイプミスをしますが、できる限りキーボードを見ずに、間違えたキーのみ目で確認して、次は見ずにタイプすることを繰り返しましょう。

時間がかかってしまいますが、見ないことによって手が自然とキーの位置を覚えるようになります。

タッチタイピング(ブラインドタッチ)の習得は、指が慣れるまで、とにかく練習あるのみです。
あきらめず、コツコツ続けること「継続」がタッチタイピング(ブラインドタッチ)習得への近道となります。



スポンサードリンク

関連記事

  1. ローマ字入力、かな入力の違い
  2. キーボードの違い
  3. タッチタイピングの練習方法
  4. ホームポジションを覚える
  5. タッチタイピングの練習ソフト

TOPPAGE  TOP