スポンサードリンク

ローマ字入力、かな入力の違い

パソコン入力方法には、「ローマ字入力(打ち)」と「かな入力(打ち)」があるのはご存知がと思います。もちろん、どちらでも「タッチタイピング(ブラインドタッチ)」をマスターすることができます。

「ローマ字入力」と「かな入力」、それぞれにメリットもデメリットもあります。

「ローマ字入力」は、現在の主流となっている入力方法(打ち方)です。
約20個のキー位置で入力できるので、覚える数が少なくてすむというメリットがあります。メールアドレスなど、アルファベットで入力する機会が増えた現在では、「ローマ字入力」の方が便利ということもあるでしょう。

一方の「かな入力」は、キーボードを全面使用することになるので、覚えるまでが大変ですが、覚えてしまえば、「かな入力」は「ローマ字入力」よりも速い速度で入力することができると言われています。

どちらの方法でも「タッチタイピング(ブラインドタッチ)」をマスターすることができるので、より自分に合った方法を選びましょう。



スポンサードリンク

関連記事

  1. キーボードの違い
  2. タッチタイピングの練習方法
  3. ホームポジションを覚える
  4. キーボードを見ないで練習する
  5. タッチタイピングの練習ソフト

TOPPAGE  TOP