スポンサードリンク

タッチタイピングは手続き記憶

ブラインドタッチ・タッチタイピングは手続き記憶「タッチタイピング(ブラインドタッチ)」は、意識しなくても使うことができる、"手続き記憶"の一種と言われています。

つまり、時間をかけて学習したパソコンの文字入力のパターンが自然と手に反映され、意識せずに「タッチタイピング(ブラインドタッチ)」を行うことができようになります。

「タッチタイピング(ブラインドタッチ)」は、キーの位置や配列を覚えるのではなく、ホームポジションと呼ばれる、左手人差指をキーボードの「F」キー、右手人差指を「J」キーに置き、指の動かし方を何度も繰り返し操作して、身に付けます。

意識せずに打てるようになるので、「タッチタイピング(ブラインドタッチ)」でパソコン入力している人は、カタカタとリズミカルに、流れるような手つきで入力することができるのです。



スポンサードリンク

関連記事

  1. タッチタイピングとは
  2. タッチタイピングのメリット
  3. タッチタイピングのデメリット
  4. タッチタイピングを習得する目的

TOPPAGE  TOP