スポンサードリンク

キーボードの違い

フランスのAZERTY配列実は、パソコンキーボードには様々な種類があり、キー配列が異なるものがあるのを知っていますか?

世界に様々な言語があるように、キーボードも、使われる国の言葉によって異なるのです。

英字ではQWERTY配列、ドイツ語圏・チェコ語圏ではQWERTZ配列、フランス語圏ではAZERTY(ASERTY)配列(画像)、カナではJIS配列と呼ばれるキーの配列が一般的となっています。

日本で購入した一般的なパソコンであれば、ほぼ共通の規格となっているので大きな違いもなく、気になることもありません。

覚えたキーの配列で「タッチタイピング(ブラインドタッチ)」入力をすることが可能です。

ですが、キーの数やキートップ上の表記は、メーカーやモデルによって多少の違いがあるので、自分用の使い慣れたパソコン以外で入力する際には、注意しなければなりません。

スポンサードリンク

関連記事

  1. ローマ字入力、かな入力の違い
  2. タッチタイピングの練習方法
  3. ホームポジションを覚える
  4. キーボードを見ないで練習する
  5. タッチタイピングの練習ソフト

TOPPAGE  TOP