スポンサードリンク

ホームポジションを覚える

「タッチタイピング(ブラインドタッチ)」をマスターするために、一番最初に覚えなくてはならないのは、"ホームポジション"と呼ばれる手の位置です。

キーボードのFキーとJキーには、他のキーには無い、突起のようなでっぱりがあります。指で触るとよくわかりますよ。

左手の一指し指をFキー、右手の人差し指をJキーに置くことを"ホームポジション"と言います。

両手一指し指を"ホームポジション"に置き、他の指を自然に下ろせば・・・・・

左手一指し指から順番にF、D、S、A
右手一指し指から順番に、J、K、L、;

の上に指が乗っているはずです。

この"ホームポジション"を手が覚えることによって、他のキーへの距離感が正しくわかるようになります。


スポンサードリンク

関連記事

  1. ローマ字入力、かな入力の違い
  2. キーボードの違い
  3. タッチタイピングの練習方法
  4. キーボードを見ないで練習する
  5. タッチタイピングの練習ソフト

TOPPAGE  TOP